自己観察

  • 2023年10月25日
  • 2023年10月25日
  • 想うこと
  • 111View
  • 0件

(English version after Japanese)

網膜剥離の手術を終えてから2週間弱が経過した。

眼球内にガスが入れられたのだが、それがだいぶ抜けてきているようだ。

お陰様で日を追うごとに状態は改善してきている。まだぼやけた感じでしか見えないが、術前にあった視野欠損は全くない。予後経過は順調と言ってよいだろう。

視力がどの程度改善するかは、時間が経ってみないとわからない。もちろん、今以上に改善してくれればありがたいが、実はそれほど気にしていない。

前回のブログでも書いたが、黄斑まで剥離が到達してしまうと、失明もしくは何等かの後遺症が残る可能性が高い。

ぼくの場合、視野欠損が鼻側半分であったことから、剥離が黄斑に到達していたのだと思う。現在、失明していないだけラッキーだと思っている。

 

今回の一件で発見したことがある。

それは、自分に起こっている状況を冷静に観察できていたこと。

視野欠損が網膜剥離によるものだと判明したときも、「網膜が剝がれると、こんな感じで視野が欠けるんだ」と興味の方が先行していた。

手術時に眼球に針が突き刺さるときの感覚もなかなかのものだった。こんな経験はめったにできないからと、その感覚を味わっている自分がいた。

そして、今は予後経過にまったく不安を感じていない自分がいる。それは、今後の回復状態の如何に関わらずである。

なぜなら、すべてのタイミングがベストであったし、網膜剥離を診断していただいた先生、そして執刀医の先生がベストを尽くしてくださったからだ。

また、普段からやっている「観察癖」がこういう場面で役に立っているのかもしれない。

いつかやってくる死も冷静に観察できるように、観察癖にさらに磨きをかけていきたいと思う。

English version

It has been less than two weeks since I completed surgery for a detached retina.

Gas was injected into my eye, but it seems to be draining out.

Thanks to the surgery, my condition is improving with each passing day. Although my vision is still blurry, I do not have any visual field defects that I had before the surgery. I would say that the prognosis is good.

We will not know how much his visual acuity will improve until more time passes. Of course, I would be grateful if it improves more than it is now, but actually I am not that concerned about it.

As I wrote in my previous blog, if the detachment reaches the macula, there is a high possibility of blindness or some other aftereffect.

In my case, since the loss of vision was in the nasal half, I think the detachment reached the macula. I consider myself lucky that I am not blind now.

 

There is one thing I discovered in this case.

I was able to calmly observe what was happening to me.

Even when I found out that my visual field defect was caused by a detached retina, I was more interested in the fact that when the retina is detached, this is how the field of vision is lost.

The sensation of the needle piercing the eyeball during the surgery was also quite a sensation. I found myself savoring the sensation because such an experience is rare.

And now, there is a part of me that is not worried at all about the prognosis. This is true regardless of the state of my future recovery.

This is because the timing of everything was the best, and the doctor who diagnosed my detached retina and my surgeon did their best.

In addition, my “habit of observation,” which I usually do, may have been helpful in these situations.

I would like to further refine my observation habit so that I can calmly observe death, which will come someday.

徒手療法大学では現在学生を募集中です。カイロプラクターになりたいという方はぜひお問い合わせください。
徒手療法大学

お問い合わせフォームをお使いください。 電話、メール、ラインでもお問い合わせが可能です。 ☎ 052-452-5006(…

最新情報をチェックしよう!