環境の重要性 “Importance of the Environment”

  • 2024年1月11日
  • 2024年1月14日
  • 想うこと
  • 122View
  • 0件
English follows Japanese
自分の周りにいる近しい5人を見れば、自分自身の精神性がおよそ見当がつく

これは、自分の精神性や価値観に近い人と集団をつくる傾向があることを意味している。

また逆にある特定の価値観を持つ集団と一緒にいると、自分もその価値観に染まっていくと言うこともできる。つまり、「朱に交われば赤くなる」だ。

人間はそれだけ周囲の環境に強く影響を受けるということ。

従って、環境次第で人生が大きく左右される可能性があるのだ。

もしこのことをしっかり理解できていれば、自分の周囲の環境を常に監視し、望ましくない要素(この場合、特に人間)が入り込んできたら、躊躇なく排除することができる。

 

出家僧の集団をサンガと言う。

ブッダの周りにはたくさんの出家僧が集まり、大きなサンガを形成していた。

ある日、ブッダはサンガの中に望ましくない僧侶を見つけ、彼を追放処分にした。ブッダはその僧侶のことを雑草と表現している。

雑草があると、周囲に悪い影響を及ぼす。ブッダは悪い影響が及ぶ前にその雑草を抜いたのであった。

 

「自己の成長が最適化される環境づくり」を常に意識することが重要である。

 

You can get a rough idea of your own spirituality by looking at the five people closest to you around you.

This means that we tend to form groups with people who are close to our own spirituality and values.

Conversely, if you are in a group with people who have certain values, you will become imbued with those values as well. In other words, “when you join vermillion, you become red.

Human beings are strongly influenced by the environment around them.

Therefore, our lives can be greatly influenced by our environment.

If we have a clear understanding of this, we can constantly monitor our surroundings and eliminate undesirable elements (in this case, especially people) without hesitation if they enter.

 

A group of ordained monks is called a sangha.

Many ordained monks gathered around Buddha, forming a large sangha.

One day, Buddha found an undesirable monk in the sangha and had him expelled. The Buddha described the monk as a weed.

When there are weeds, they have a bad influence on their surroundings. The Buddha pulled the weed before it became a bad influence.

 

It is important to always be aware of “creating an environment where one’s own growth is optimized.

徒手療法大学では現在学生を募集中です。カイロプラクターになりたいという方はぜひお問い合わせください。
徒手療法大学

お問い合わせフォームをお使いください。 電話、メール、ラインでもお問い合わせが可能です。 ☎ 052-452-5006(…

最新情報をチェックしよう!