苦行によって精神的に成長できるのか?

おはようございます!今日の名古屋の最高気温は35℃になる模様。今朝は若干脳みそのパフォーマンスが落ちているような・・・。今日は早めにエアコンを入れるかな。

 

 

千日回峰行というのをご存じだろうか?

 

Wikipediaによると、

 

千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)は、日本の霊山で千日間かけて行われる、仏教・修験の巡拝行。

 

とある。

 

天台宗で行われている荒行である。

 

毎日48㎞の山道を16時間かけて歩く。それを1,000日間行うのだという(ただし、1000日間を数年間に分けて実施する)。

 

食事は朝と昼におにぎりを2個ずつ。当然のように栄養失調になる。体調は絶不調だろう。

 

以前ぼくはこのようなハードコアな感じが大好きだった。自分の精神と肉体を苛め抜くというやつだ。

 

そこには、「とにかく辛いことをすれば、心身共に鍛えられる」という妄信があった。当然ながらそういうことができる人を尊敬していたし、自分もその一員になりたいと思っていた。

 

だから、常に自分自身を叱咤激励し、肉体と心を自ら追い詰めることを好んで行った(千日回峰行ほど過酷ではないが)。

 

ボディビルの大会に出場していたころは、連日のようにハードトレーニングに明け暮れ、食事も徹底的に管理した。

 

(多いときは1日1.5時間のトレーニングを2回に有酸素運動を1時間、毎日20個の卵を食べ続けた)

 

お陰で鋼の肉体は手に入れたが、心の成長があったかと言えば、それには疑問符が付く。

 

 

そのようなスタンスは当然ながらカイロプラクティックへも及んだ。

 

スポーツ医学に特化したカイロプラクティックをということで、気づいたら医学博士号(スポーツ医学)まで取得していた。

 

 

話が横道にそれてしまった。

 

千日回峰行に戻そう。

 

果たして、千日回峰行を行ったとして一体何が得られるのだろう?

 

苦行によって肉体を徹底的に苛め抜くことによって、精神的にも成長が得られるのだろうか?

 

苦行をどのようにとらえるかによって、それは変わることと思うが、現在のぼくは「敢えてこんなことをしなくても、別の方法がある」と思っている。

 

2,600年前にブッダも苦行を否定している。

 

 

千日回峰行を完遂したお坊さんがこんなことを言っている。

 

行を通して学んだことは、「よく反省すること」「よく感謝をすること」「思いやりを持つこと」の3つです(http://www.sinkan.jp/special/kokoro/inta.html)。

 

大変素晴らしいことであるし、大切なことなのだが、毎日48㎞の山登りを1,000日間続けなくても、全て学ぶことができることではないだろうか?

 

それとも、そのように思うのはぼくの奢りなのだろうか?

 

 

2016年9月1日(木)関節運動学的セミナー@札幌(肘関節)

2016年9月25日(日)関節運動学的セミナー@大阪 (脊柱)

【8月のお休み】 8月7日(日)

【9月のお休み】 9月1日(木)、7日(水)、8日(木)、25日(日)


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

苦行
最新情報をチェックしよう!