喫緊の課題

おはようございます!東別院の桜も、当院の向かいにある小学校の桜も、昨日の激しい雨嵐によりほぼ散ってしまいました。今年もほんのわずかの期間でしたが、楽しませていただきました。また来年ですね。

 

 

持って生まれた性質というのは、なかなか変えるのは難しいです。変えようと頑張っても、それは単に繕っているに過ぎないことが殆どです(頑張っている時点でどうかと思いますが(笑))。

 

つまり、根本的に改良していくためには、内側から変えていく必要があります。そうでなければ、上っ面だけのものであり、変わったように見えるに過ぎません。

 

しかし、果たしてそれだけで改善されていくのでしょうか?最近、しばしば突き当たる疑問です。

 

数十年に渡り修行をされてきた比丘の方が「パソコンでネットサーフィンをしていると、知らぬ間に数時間が経過していたりします」と仰っていました。

 

出家され自らの心に数十年もの間、向き合い続けた方でさえ、「ネットに心を奪われてしまう」ということを知り、ホッとするのと同時に環境の大切さを痛感しました。

 

別の出家比丘の方は、「戒があるからこそ、自由になれる」と仰っていました。矛盾するように聞こえますが、戒を守ることによって、戒によって守られ、心の自由が奪われる状況を回避できるということだと思います。

 

“環境の整備”・・・これは現在のぼくにとっての喫緊の課題です。

 

 

『このブログのランキング』を上げたいという人は一日一回クリックすべし!(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

最新情報をチェックしよう!