比較する

おはようございます!

 

アメリカでの抗議活動が過激化しています。人種問題の根はとても深く、これは永遠に解決しないのではないかと思えるほどです。

 

これはアメリカだけに限らず、日本、そして世界中で起こっている問題です。

 

差別は、何か2つのものを比較することから始まります。最初は区別なのだろうけど、それがいつの間にか差別になっていくのでしょう。

 

だから「比較する」というアクションを止めれば、差別は消滅します。しかし、それはとても難しいこと。

 

差別ではなくても、私たちは日常的に「比較」しているからです。

 

例えば、カイロプラクターであれば、患者さんの症状の変化を前回と比較して改善度合いを確認します。

 

他のケースと比べることで、どのくらいの状態なのかを推測したりもします。

 

買い物するときも同じです。他の店(サイト)で値段を比較して安いほうを買ったりします。

 

だから、比べるというアクションは私たちが日常的に行っている行為です。そして、「比較」しなければ、生活が成り立たなくなるというのも現実です。

 

よって、「比較」という行為を完全に止めることは不可能。しかし、少なくともそれを意識することはできます。

 

1.自分が比較していることに気づくこと

2.どのような意図を持って比較したのかを明確化すること

 

この2点がとても大切ではないでしょうか。

 

ちなみに、心が整ってくると「比較する」というアクションそのものが自然と少なくなっていきます。比較することが無意味であることを理解するからです。

比較
最新情報をチェックしよう!