善友と出会うためには

おはようございます!朝晩はまだ涼しいですが、日中の名古屋は連日真夏日です。患者さんも汗だくの人が増えてきました。

 

最近、アマゾンプライムで孔子のドラマを観ています。孔子の生涯をドラマ化したもので、現在15話くらいです。

 

中国のテレビ番組で放映されたものだと思います(NHKの大河ドラマのような感じ?)。

 

これがなかなか面白い。歴史の勉強にもなるのですが、やはり孔子の発する一語一語がとても勉強になります。

 

そこで、一つ再認識したのが善友の大切さです。善友というのは友達ではなく、メンターのこと。善友と出会えるかどうかは、その人の人生に多大な影響を与えます。

 

孔子には弟子が3000人いたと言われていますが、その中には立派な人間が育っています。

 

このドラマに子供の頃の顔回が出てきます。顔回の父親が孔子を師事していたので、小さい頃から孔子の元で学んでいました。顔回は孔子の弟子の中でもかなり優秀だったそうです。

 

孔子も老子との出会いをきっかけに、学問の道をさらに究めていくようになります。

 

このように、メンターとの出会いはその人の人生に大きく影響します。もちろん、良い影響です。

 

善友と出会えるかどうかは運もありますが、やはり考え方(スタンス)の一貫性が大切です。そして、何よりアクションを起こし続けること。これに尽きると思います。

 

善友は実は既に目の前に現れていて、ただ気づいていないだけということもありますが・・・

最新情報をチェックしよう!