「今日の仕事は、楽しみですか?」

  • 2021年10月9日
  • 2021年10月9日
  • 想うこと
  • 65View
  • 0件

品川駅のディスプレイに「今日の仕事は、楽しみですか?」という広告が表示されたことに対し、かなり批判があったという記事を読んだ。

ITmedia NEWS

「今日の仕事は、楽しみですか。」――品川駅コンコースに大量広告。NewsPicks関連企業の広告だったが、批判を受けて1…

「見た人を傷つける」「楽しみでなくても、しなくてはならない仕事はあるのに」などと批判が集まった

そして、この広告を出した会社は、批判を受けて1日で広告を取り下げ。「利用者の方々への配慮に欠く表現だった」と謝罪している。

 

この記事を目にしたとき、人の反応は様々だということ、そしておそらく多くのサラリーマンは仕事を楽しんでいないだろうということを感じた(少なくともこの広告に対して否定的な反応をした人たち)。

参考までにこの広告に対するぼくの反応は、「仕事は楽しんでやるものだから、そういう仕事を選びませんか?」と言いたいのかなという程度のもの。

日本人はどうやら、「仕事は大変であって当然」、「楽して金は稼ぐべきでない」、「仕事は楽しむものではない」といった価値観を植え付けられている人が多いように感じる。

おそらく、親がそのように子供を洗脳しているのだろう。

また、日本の学校教育も同様だと思う。

このような価値観が大勢を占めていれば、世界中から食い物にされて当たり前である。

実際はそれは現在進行形で起こっていることだ。

おそらく、ほとんどの人はそれさえ気づいていないだろう。

趣味のように、そしてできる限り楽な方法を見つけて仕事をこなしていくこと。

「苦労は買ってでもしろ」という格言があるが、ぼくは今まで一度たりともそんなことをしていない。

むしろ、苦労は避けて通り、楽(自分が楽しいと感じること)のみを選んで生きてきた。

そして、その感覚を今も全ての選択の判断基準にしている。

 

 

最新情報をチェックしよう!