薪ストーブ

おはようございます!毎日、天気の良い日が続いていますが、名古屋はこれから下り坂のようです。午後から天気が崩れるそうなので、雨が降り出す前に帰宅しようと思っています。

 

突然ですが、「薪ストーブ」っていいですね。

 

薪ストーブがあれば、料理もできるしお湯も沸かせます。将来は電気もガスも水道にも頼らない生活がしたいと思っているので、薪ストーブは必須アイテムの一つです。

 

そこで問題になるのが燃料です。いろいろ調べてみると、燃料だけでも一冬20~30万円かかるようです。もちろん、廃材をもらうこともできますが、薪ストーブに適しているかどうかはわかりません。

 

モキ製作所というところで製造している薪ストーブは、そういう悩みを一掃してくれます。木の種類に関係なく燃料にできるようです。

 

今朝、「日本のチカラ」という番組で紹介されていたのですが、この会社の薪ストーブでは竹も燃料として使えるそうです(竹は薪ストーブの燃料に適していないと言われています)。

 

竹は成長が早く、竹林は凄まじい勢いで広がっていきます。すると、竹以外の木や植物は育たなくなってしまいます(太陽光が地面に届かなくなるため)。

 

また、人が立ち入らなくなるため、不法投棄が増えるそうです。そのため、竹林の対処に困っている自治体は非常に多いとのこと。

 

薪ストーブの燃料に竹を使うことで、完璧なWin-Winの状態です。厄介ものだった竹がこういう形で役に立ち、さらに森が生き返るわけですから。

 

それから、もう一つ。先ほどご紹介したモキ製作所のHPを見ると、「燃焼哲学」という聞きなれない言葉が目に飛び込んできます。この会社のアピールポイントですが、強烈なインパクトを感じました。

 

こういうのって大切ですね。

 

【開催予定のセミナー】

2016年1月24日(日)関節運動学的セミナー@大阪

2016年3月10日(木) AKT(関節運動学的)セミナー@札幌


薪ストーブ
最新情報をチェックしよう!