プロスペクト理論

今朝、こんな記事を読んでいました。

 

Resist the Powerball Temptation

 

簡単に説明すると、「なぜ、人間は宝くじを買うのか」ということについて、経済学的・心理学的に解説している記事です。

 

この記事の中にプロスペクト理論(prospect theory)という言葉が出てきます。プロスペクト理論は、人間の深層心理を表している興味深い理論です。

 

例えば、以下の二つの質問に答えてみてください(ウィキペディアより)。

 

質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:100万円が無条件で手に入る。

選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

 

質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。

選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

 

 

まず、質問1のAもBも期待値は100万円で同じです。しかし、Aを選んだ人が多かったのではないでしょうか?

 

質問2の期待値もA, B共に-100万円ですが、こちらはBを選んだ人が多かったのではないかと思います(特に質問1でAを選んだ人のほとんどは質問2ではBを選んでいるはず)。

 

これは、我々は目の前にある利益に対しては「確定させたいという意識」が働き、損失に対しては「回避したいという意識」が働く傾向があるということを示しています。

 

具体的には、以下のようなことです。

 

「金額が2倍になると、価値は2倍にはならず、2倍弱になる」(ウィキペディアより)。

つまり、金額と価値は比例しないということですね。

 

人間の欲は無限ですが、お金に関してはある程度のところで収束していくのですね(そうでない人もいるようですが・・・(笑))。

 

損失に対しても同じことが言えます。ギャンブルなどで損失金額がかさむと、次第に心理的抵抗感が薄くなっていくということです。

 

気をつけましょう(笑)。

 

 

【開催予定のセミナー】

2016年1月24日(日)関節運動学的セミナー@大阪

2016年3月10日(木) AKT(関節運動学的)セミナー@札幌


 

プロスペクト理論
最新情報をチェックしよう!