数日前までは底冷えでしたが、今日はとても暖かい一日でした。

オフィスの南側は何も遮るものがないので、日が良く差し込んできます。

先日、患者さんからいただいたシクラメンも気持ちよさそうにしていました。

 

よく「あの人とは波長が合う」などと言ったりします。波長なので周波数みたいなもの。

実際に私たちの身体から波長が出ているかどうかは知りませんが、それがあるとします。

そうすると、ラジオの周波数みたいに、同じ(または近い)周波数帯の人としか縁がないということになります。

昔はよく仲良く一緒にいることが多かったけど、今は全くというのは、時間の経過とともに波長が変化したのもしれません。

 

例えば、何かやりたいこと、成し遂げたいことがある場合、一人の力では難しいことがあります。

縁あって協力者が現れたらいいですが、そうでなければ夢半ばで終わってしまいます。

縁がある人というのは、同じ周波数帯の波長を持っている人同士なのでしょう。

果たして縁というのは、偶然なのでしょうか?

ぼくはそのようには考えていません。

縁は必然だと思っています。

何かやりたいことがあり、それに対して一貫性を保てるなら、必ず縁はやってきます。

もし、いつまで経っても縁がないならば、それは自分の信念に問題があるのではないでしょうか。

もしかしたら、それほどやりたいと思っていないのかもしれません。

ぼくには数年内に実現させたいことがあります。

それは、ぼく一人の力だけでは難しいことです。

遅かれ早かれ、縁はやってくると思っています。

しかし、ただ受け身で待っているのではなく、今はぼくができることにベストを尽くすだけです。

お陰で充実した日々を過ごすことができています。

 

最新情報をチェックしよう!