香港からの便り

おはようございます!今朝はトレーニング中の発汗量がやや多め。気温がやや高いようです。いい汗をかきました。

 

ご存じのように現在の香港の人たちは、中国政府による強烈な圧力と闘っています。

 

香港に一人だけ知り合いがいます。数日前久しぶりに彼に連絡を取ってみました。1分もせずに返信があり、とりあえず無事であってホッとしました。

 

将来は外交官になり香港のために働きたいと言っていた愛国心の強い彼なので、彼の身を案じていました(ちなみに、まだ大学生です)。

 

中国は資本主義を取り入れ経済的に豊かになりましたが、個人の主義主張に対してはとても厳しい国です。常に監視されています。

 

個人的に中国人の知り合いが多いので、そのことを実際に肌で感じています。

 

中国に比べて日本やアメリカがとても自由な国であることを、ほとんどの日本人は実感としてわからないと思います。

 

個人の主義主張を否定されることは、物の不自由さなどには遠く及ばないほどの不自由さと苦痛を強いられます。

 

過去の歴史を考えると悲観的にならざるを得ません。

 

最後に彼からのメッセージを載せておきます。

 

私:「今、どんな気持ちなのかわかります。中国政府は香港人のことを何も考えていない。本当に恐ろしいことだ」

香港の友人:「はい、今回私たちが中国政府に屈したら・・・・将来がどうなってしまうのか想像ができません」

 

 

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ

 

 

最新情報をチェックしよう!