航空チケットの払い戻し処理に四苦八苦

おはようございます!名古屋では桜が満開なのですが、連日の雨と強風で少しずつ葉桜になってきています。しかし、まだ楽しめます。朝、オフィスまで来るときの楽しみになっています。

 

昨日はヤンゴン行き航空チケットの払い戻しの手続きをしていました。

 

LCC(エアアジア)なので、キャンセルの場合、返金はされないのですが、今回は先方の都合でのキャンセルなので全額返金されるはず。

 

6月半ばまでの名古屋~バンコク~ヤンゴン便が全て運休になったようですが、おそらく運休は6月以降も続く気配。状況次第では年内の渡緬はできないかもしれません。

 

払い戻し手続きですが、これがなかなか厄介でした。メールに記されたリンクをクリックすると返金ページに跳ぶのですが、全てAIとのやり取り。

 

途中、何度か挑戦するも非常にまどろっこしいし、何せ相手が生身の人間でないので今一つ信用に欠ける(笑)。

 

さらに、面倒なのはチケット一つ一つに対して払い戻し手続きが必要だったことです。

 

  1. 名古屋~バンコク
  2. バンコク~ヤンゴン
  3. ヤンゴン~バンコク
  4. バンコク~名古屋

 

つまり、4回に渡ってこの面倒な手続きをしなければならないのです。

 

仕方なく手続きをしていると、途中で入力を間違えたりする。すると、また振り出しに戻るという具合。

 

すると、「カスタマーサービスとのチャット」というリンクが出てきたので、これをクリック。

 

昨年、日本が台風に見舞われて関空が閉鎖されたときも、カスタマーサービスとのチャットでスムーズに便の変更ができた経験があります。

 

しかし、カスタマーサービスにつなぐと待機扱いに。ここから30分ほど待ってようやくWilliamという人につながった。

 

そしたら、ものの5分で払い戻し手続きが終了しました。

 

エアアジアのポイントに払い戻ししてもらうようにお願いしました。

 

理由は今後もエアアジアを頻繁に利用する可能性が高いこと。ポイントの方が、エアアジアの負担も小さくて済むだろうと思ったからでした。

 

ただし、ポイントの有効期限は1年間。さすがに来年の今頃は通常営業に戻っているよね。

 

 

旅、飛行機
最新情報をチェックしよう!