緊急事態宣言も自粛もまったく効果がなかった

おはようございます!梅雨入りしてから梅雨らしい天気が続いています(これが本来の姿)。今朝の名古屋も雨です。

 

コロナ自粛で生活が激変したという人もいるかと思います。

 

ぼく自身は、自宅とオフィスをいつものルーティンで行ったり来たりしているだけなので、何も変わっていません。唯一変わったことと言えば、タイにもミャンマーにも行ってないこと。いわば、日本国内に引きこもっている感じ。

 

このブログでもたびたび書いているのですが、コロナは単なる風邪。これだけの大騒ぎになっているのは、何らかの意図が働いているのかもしれませんし、単に同調圧力によるものなのかもしれません。

 

いずれにせよ、世界中が自粛を行い、経済的に困窮する人が激増しています(本当にバカげた話です)。コロナ以上に自粛によって困窮する人の方がどれだけ多いことか!

 

何度も書いていますが、このような事態が起こると、いかに人間が妄想の世界に生きているかがわかります。妄想により自ら自由を奪っています。そして、そのことに気づいていない。

 

こちらのニュース。

 

自粛と休業要請の効果の検証結果報告です。

吉村知事;「緊急事態宣言も営業自粛も、全く効果はなかったということですか?」

中野教授;「なかったと思います」

 

そもそも、大昔から「風邪薬が発明されたらノーベル賞もの」と言われていますが、今回すぐにワクチンが開発されたら、科学者・製薬会社は今までどれだけ怠慢だったのかという話になります。

 

そうなれば、集団免疫獲得以外にコロナが収束する方法はありません。そもそも風邪なのですから、そういうものでしょう。

 

ぼくはひたすら自分の妄想を滅することに注力します。

最新情報をチェックしよう!