神戸でセミナー

3日前の日曜日は神戸にてセミナーがあった。

いつもながら、新幹線の中での自由時間が楽しい。

少し前までは読書の時間に充てていたが、最近はミャンマー語の勉強時間にしている。

眠たくなったら、そのまま寝てしまうか、外の景色を眺めて気分転換。

それでも眠たい場合は、寝ることにしている。

 

神戸のセミナーは少人数でこじんまりとしているが、個人的にはこの雰囲気がとても好きだ。

もちろん、雰囲気を作っているのは参加者の方々なので、彼らの善い気のお陰だと思っている。

参加者の熱意が感じられると、ぼく自身も自然とテンションがアップするので、予定外のこともやったりする。

ぼくの脳みそが刺激されることで、自然と湧き上がってくる内容である。

セミナーでは知識と技術の2本立てなのだが、それら単体ではほぼ意味がない。

これら2つの要素をいかに強固に関連付けするかが、セミナーを提供する側の最重要課題である。

そのためには、ぼく自身が実践で経験している必要がある。

だから、ぼくのセミナーは全て事実と経験に基づいたものばかりである。

それらを科学的に裏付けし、受講者が納得できるように落とし込んである。

 

ところで、神戸のセミナーは以前から知り合いの治療家の先生のところをお借りして行っている。

3年前からぼくのセミナーを熱心に受講されており、基礎医学の知識はもちろん、治療技術も申し分ない。

もしご自身の体調についてお困りの方、または神戸で治療院を探しておられるなら、ぜひこちらの治療院を試してみてください。

とくやま徒手療法研究所・施術院

神戸三宮駅から徒歩7分にある本格治療院(施術院)です。関節運動学に基づいた治療アプローチで、長引くスポーツ外傷後の痛み、…

最新情報をチェックしよう!