最近のミャンマー情勢

 

このツイートにあるように、今朝ヤンゴンに住む知人に電話をした。

メッセージの世やり取りは続けていたが、声を聴くのは2019年11月にぼくがヤンゴンを訪問して以来となる。

まずは元気そうな声を聴いて一安心。

しかし、ヤンゴン市内では爆発が相次いでいるそうだ。

市民軍による応戦である。

軍の車などに爆弾を仕掛けているそうだ。

一昨日もヤンゴンで軍の車に仕掛けられた爆弾が爆発し、数名を亡くなっている(軍関係者)。

また、ミャンマーには130余りの民族があるが、そのうちの1つであるカチン族が軍と闘っている。

軍による市民虐殺も続いている。

最近はあまりミャンマーのニュースを見なくなったが、情勢はまったく改善していない。

改善していないどころか、悪化しているようである。

 

ところで、ミャンマーに行くといつも訪問しいてる孤児院のことについて聞いてみると、はっきりしたことがわからないとのことだった。

近々、訪問すると言っていたので、また折を見て連絡を取るつもりである。

 

注;写真は5年前に行ったバガンにて(映っているのはガイド)

最新情報をチェックしよう!