募金

おはようございます!今朝は久しぶりに雨なしの朝となっています。セミも鳴き始めたことですしそろそろ梅雨明けかもしれません。

 

当院には募金箱が置いてあります。ヤンゴンの孤児院、そして現地のNGO団体(貧しくて教育を受けられない子供たちを支援している団体)に全て寄付しています。

 

「寄付はしたいけど団体によってはそれが何に使われているのかわからないので、あまり気が進まない」という人がいらっしゃいますが(ぼくもその内の一人)、当院でお預かりしたお金は確実に100%子供たちのために使われているのでご安心ください。

 

ミャンマーへは昨年11月に行ったきりです。ここ3,4年は年に2回渡緬していたのですが、ご存じの通りコロナによる渡航制限により今年はまだ一度も行けていません。

 

現在の情勢を見る限り、年内の渡緬は難しそうです。一般人の渡航制限が解除されても、しばらくは診断書など面倒な手続きが必要になるかもしれません。

 

それはさておき、募金箱の話に戻ります。

 

設置してから2,3年経ちます。当初の反応は鈍かったのですが、最近、特に今年に入ってから、募金額がずいぶんと増えています。

 

もちろん、「金額」には関係なく「気持ち」の方が大切です。

 

「誰かの役に立ちたい」「誰かを助けたい」という志を持った方が多い(特に当院に来られる方は!)のだということを改めて知らされて、朝からとても感動しています(ちなみに、「誰かを助けたい」という心は、慈悲喜捨の中の「悲の心」です)。

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

最新情報をチェックしよう!