ミャンマー語の勉強と睡魔

最近は午前中にミャンマー語の勉強というのが、ルーティン化している。

朝の筋トレを終えて一段落した後のなので、開始時刻は午前7時ころになる。

そこから、その日の最初の予約までをミャンマー語の勉強に充てている。

今日最初の予約は10時30分だったので、3時間半がミャンマー語の勉強であった。

しかし、この3時間半を100%有効に使いきっていない。

最近はミャンマー語を聞き始めてすぐに睡魔との闘いとなっている。

そして、たいていの場合、睡魔に負けてしまう。

ミャンマー語がふわふわした柔らかい感じなので、尚更眠気を誘うようだ。

うとうとする程度なら勉強する項目を変えてなんとか乗り切るのだが、強い眠気でどうしようもないときは潔く寝ることにしている。

しかし、今日は絶好調であった。

リスニングはYouTubeで勉強しているのだが、最近みつけたチャンネルがぼくのきょうみを惹きつけている。

ミャンマー人の幼児向けにミャンマー語を教えているので、解説もミャンマー語である。

何と言っているかはほぼ聞き取れないが、解説していることを見ながらなので、何となく想像しながら聞いている。

今日もミャンマー文字の動画を見ていたのだが、これがなかなか面白かった。

先にも書いたように、ミャンマー語による解説なので言っていることはわからないにも関わらず、内容はしっかり理解できた。

自分が興味をひくものだと睡魔は襲って来ない。

だから、一見つまらなそうなものでも、そこから興味を見出すことができれば、何事も吸収率はアップするだろうし効率的な勉強になる。

そういう視点で勉強しなければ、なかなか身につかないだろう。

 

ところで、最近パソコンにミャンマー文字をインストールした。

キーボードを一つ一つたたいて、どの文字が出るのかを確認するところから始めた。

(ネットに情報がみつからなかったので、自力で検証していった)

未だ打てない文字はあるけど、90%は打てるようになった。

自分の思い通りにミャンマー文字を打てると何だか楽しい。

最新情報をチェックしよう!