やる気が湧かない時は現実へ戻れ!

おはようございます!今朝は背中とハム。若干、モチベーションが低下気味であったが、いつも通りのルーティンをこなした。

 

 

誰でもやる気がわかないという経験がしたことがあると思う。ぼくも、今朝のトレーニングのようにそういことがたまにある。

 

やる気がわかず、そのままずるずると時間を過ごしてしまうこともあるのだが、できればそういう時間は少なくしたいもの。

 

そもそも、なぜモチベーションが湧かなくなるのか。それは、心の反応にフォーカスしてしまうから。

 

例えば、今朝のトレーニング中、「やりたくないなあ」とか「面倒くさい」という気持ちの方に心がフォーカスしていると、嫌々やることになる(もしくはやらない)。これはストレスになるし、長続きしない。

 

しかし、一たび心のフォーカスを別のところに転換すると、その気持ちが消えてしまうのである。

 

それでは、どこにフォーカスするのかと言うと、それはバーベルを握る手の感覚やバーベルを持ち上げている時の動きである。

 

気持ち(反応)ではなく、感覚に心を留めるようにすると、モチベーションの低下が消えてしまう。とても面白い現象だ。しかし、至極当たり前のことである。

 

患者さんの中にとても忙しいお医者さんがいらっしゃる。一日に多い時で300人から400人も診療するという。

 

以前、その方は「診なければならない人数を考えると、気持ちが萎える」とよく仰っていた。

 

しかし、ある日来られた時「心を『今ここ』に留めるようにしたら、苦痛でなくなりました」とのことだった。

 

『今ここ』、つまり目の前のことにのみ、妄想ではなく現実にのみ心をフォーカスすると、妄想は消えてしまうのである。

 

ちなみに、「モチベーションの低下」とか「苦痛」は妄想である。

 

これも当たり前のこと。なぜなら、妄想がなくなれば、世界は現実100%になるからだ。

 

やる気が湧かない時は、現実にフォーカスすることを試してみると良いだろう。自分はいつもそれで乗り越えてきた(乗り越えられないときもあるけども(笑))。

 

 

最新情報をチェックしよう!