ちょうどよい塩梅

カイロプラクターである以上、結果には大いにこだわっている。

しかし、だからと言って、結果に対して一喜一憂はしない。

これらは矛盾するように思えるが、ぼくの心の中では成立している。

この10年くらいでこんな感覚を得ることができるようになった。

 

物事に対する執着は苦しみの根源となる。

だから、「執着は捨てよ」と偉いお坊さんは言う。

しかし、執着を完全に捨て去ることは、とてつもなく難しい。

少なくとも、今の生活をしていてはそのような境地には至れないと思う。

 

だから、ぼくはちょうどよい塩梅のところを目指している。

執着心を利用して人生の波乗りを楽しむこと。

そして、執着心があることを認めつつ、それに溺れないようにすること。

 

執着心がゼロになったら素晴らしい世界が広がっているのだと思う。

しかし、そんなことよりも、「いまここ」を楽しく過ごすことを優先したい。

その結果として、執着が薄まっていけばラッキーくらいの感じである。

自由な心
最新情報をチェックしよう!