「やっぱ、孔子すげえ」

おはようございます!今朝も4時半起床。顔洗って、瞑想して、ヨーグルト食べて、6時前にはオフィスに来て朝トレを30分。いつも通りのルーティンです。

 

2600年前の中国に斎という国がありました。そこの王様の夫人が超絶美人で有名だったのですが、孔子は魯国を出た後、王様と夫人に謁見しに行きます。

 

夫人はそこで孔子の博識ぶりにほれ込んでしまいました。

 

孔子は夫人に誘惑されます。あからさまな誘惑ではなく、孔子と一緒にいたいが故「弟子入りしたい」と直談判するのです。今で言うところの不倫駆け落ちのようなもの。

 

そこで見せる孔子役の俳優の演技が絶妙なんです。目つきはトロンとしていて、完全に腑抜けになっている様子がよくわかります。

 

ぼくは内心、「孔子もさすがにこの誘惑には勝てないかもしれない」と思っていました。そして、たとえそうだとしても「仕方ないよね」と孔子に同情していました。

 

しかし、その後、孔子は夫人の申し出を毅然とした態度で拒否して翌朝立ち去ります。

 

「やっぱ、孔子すげえ」ですね。

 

ぼくも弟子入りしたい(笑)。

最新情報をチェックしよう!