足底筋膜炎

本日ラスト2人の患者さんは共に足底筋膜炎であった。

長い距離を歩くなど、足底に反復負荷をかけることが原因となる。

朝起きて最初の一歩が激痛となることが多い。

足底筋膜炎

30代以上に多く見られ、足底筋膜の変性が原因となっている場合もある。

また、扁平足の人に好発する症状である。

 

変性箇所は線維化と言って、線維が拘縮し癒着が起こっている。

従って、治療はこれらの線維を正常な状態に戻すことである。

症状の原因と発生のメカニズムが分かっていれば、手技によって改善させるのはそれほど難しくはない。

関連記事

足底部には足底筋膜(腱膜)と呼ばれる軟部組織があります。足底筋膜炎は文字通り足底筋膜の炎症ということです。痛みは土踏まずから踵にかけて現れます。特に朝起きて第一歩を踏み出す時に鋭い痛みを感じます。   &nbs[…]

足底筋膜炎
最新情報をチェックしよう!