腰痛に股関節痛が伴うケース

おはようございます!今朝は上腕二頭筋と肩。肩のトレーニングは全てダンベルで。汗もあまりかかなくなりました。随分と過ごしやすくなっています。

 

昨日、腰痛と股関節痛の新患の方が来られました。

1か月前に腰痛を発症し、その後股関節痛になっています。整形外科では腰部のMRI検査を行いL5/S1の軽い椎間板ヘルニアと診断され、投薬(痛み止め)とリハビリを処方されています。

腰痛は腰からでん部にかけての痛み。そして、股関節痛は同側の股関節外側から前側にかけての痛みです。

この1カ月間の症状の具合は悪化。痛み止めがほぼ効いていないとのことでした。

腰椎、仙腸関節を触診したところ、腰椎にはサブラクセーションがありましたが、それほど重度のものとは思えませんでした。

しかし、仙腸関節(患側)には強い圧痛があり、それが縦に足方へ広がっているという状況。これは、典型的な坐骨神経痛のような症状が出るパターンです(「坐骨神経痛のような症状」であり、坐骨神経痛ではありません)。

この時点で、この方の腰痛~でん部痛の原因は、仙腸関節のサブラクセーション、そしてその周辺の靱帯に起因するものと判断。

そして、股関節痛は腰痛による代償的なものと思われました。整形外科では股関節痛は椎間板ヘルニアによるものと説明されたそうですが、これはまったく別物と判断しました。

これで、治療方針は決まりです。つまり、仙腸関節と股関節を別々の症状と捉え、それらの関節で起こっている異常を取り除くだけです。

治療後は痛みがゼロ。杖を突いてこられましたが、帰りは無用の長物となっていました。おそらく、この1回でこの方の症状は寛解すると思われますが、予後経過次第では要治療となります。

しまった、治療前に「今日の治療で痛みゼロにします」宣言を忘れていた(笑)。

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ

最新情報をチェックしよう!