太もも外側の痛み&しびれ

先日来られた方の主訴は、大腿外側部の痛み(+痺れ)。

初診ではなく、同じ症状で2回目の受診だった。

1回目は1か月ほど前。

つまり、前回の治療後、症状の改善がなかったために再来院となった。

 

大腿外側部痛の鑑別診断は以下の通り。

  • 股関節(関節包)
  • 腸脛靭帯
  • 外側広筋
  • 仙腸関節(同側)
  • 外側大腿皮神経

初診時では、これら鑑別診断の原因となり得る箇所に対してアプローチした。

過去に似たような症状で腸脛靭帯に問題があったケースを診たことが合った。

よって、腸脛靭帯にバイアスが働いていたことは確かである。

実際、これで改善するだろうと思っていた。

しかし、結局、それは的外れな治療であった。

 

そこで、再び問診を行い、発症のメカニズムについて考察してみた。

そこで得た答えは外側大腿皮神経であった(下図の濃い青色の領域が外側大腿皮神経の知覚支配領域)。

外側大腿皮神経

 

 

2回目の治療では、ほぼ外側大腿皮神経のみにフォーカスして治療。

ちなみに、この神経は主に3か所で絞扼が発生する可能性がある。

それら、全ての箇所を入念に触診し、問題と思われる箇所を治療。

この方の場合、常に症状が出ていないので、治療後の具合は確認できなかった。

しかし、先ほどラインで連絡があり、「調子は良い」との報告を受けている。

後はこのまま症状が寛解していくかどうかを見守るのみ。

そして、万が一、再び症状が戻ってしまったら、その時にまた新たな視点で解決策を探していくだけである。

最新情報をチェックしよう!