変形性股関節症

今日は変形性股関節症の方が、初診で来られました。

2年前に病院でそのような診断を受け、それ以降徐々に自覚症状が現れてきたとのことでした。

変形性股関節症で起こっていることは、関節軟骨の摩耗です。

それによって、関節のスペースが狭くなり、痛みやこわばり感などの自覚症状が現れます。

治療中、この方からすごく良い質問をされました。

「カイロプラクティックでは、この症状の何を治療しているのですか?」

というものです。

素晴らしいです。

本当なら患者さんに質問される前に、ぼくからしっかりと説明しておくべきことでした。

先ほども書いたように、変形性股関節症で起こっていることは関節軟骨の摩耗です。

つまり、構造的な問題。

この部分は徒手的にはどうしようもありません。

完全に外科の領域なので、カイロプラクターはノータッチです。

私たちカイロプラクターが診るのは、機能的問題です。

具体的には、以下のようなもの。

  1. 股関節の可動域制限
  2. 股関節のずれ
  3. 筋肉や腱、関節包など股関節をサポートしている組織の異常
  4. 神経

これらの構造の異常をまさに手探りで探し当てて、一つ一つ丁寧により良い状態にしていくのです。

つまり、変形性股関節症の症状の原因には、構造的要因と機能的要因の2つがあり得るのですが、私たちカイロプラクターは機能的要因の部分しかタッチしません(できません)。

これは、変形性股関節症だけでなく、他の疾患でも同様です。

例えばこの患者さんの痛みの原因の100%が構造的なものに起因するのであれば、カイロプラクティックではなにもできないということになります。

また、痛みの原因が構造的2に対して機能的8であれば、痛みの8割は消失してしまうということです。

もちろん、前者のようなケースもありますが、多くの場合、構造的そして機能的両方の原因が混在していることが多いです。

 

ほぼ、こんな感じでお話させていただきました。

やや専門的な内容でしたが、とても聡明な方ですぐに理解していただけたようでした。

 

ちなみに、治療後、症状は完全消失していたようです。

セルフでできることをお話して終了となりました。

最新情報をチェックしよう!