坐骨神経痛の原因と鑑別診断

最近、増えているのが坐骨神経痛のケースである。

坐骨神経痛の特徴的な症状は、大腿(太もも)後面から下腿(ふくらはぎ)後面、さらに足底にかけての痛みやしびれ、感覚麻痺などが主症状である。

坐骨神経痛では、何らかの要因で坐骨神経が刺激・圧迫を受けていることが原因となる。

具体駅には以下のようなものがある。

  1. 椎間板ヘルニア
  2. 椎間孔狭窄
  3. 脊柱管狭窄症
  4. 梨状筋症候群
  5. ハムストリング症候群
  6. 腓骨神経障害

 

先日来られた方は整形外科にて椎間板ヘルニアと診断されていた。

椎間板ヘルニアはL3/4、L4/5、L5/S1の3か所に認められている。

この方の主訴は左でん部から左大腿外側にかけての痛み。

特に長時間の座位の後、立ち上がる時に症状が強く表れるとのことだった。

ここは外側大腿皮神経の支配領域であり、この神経は上部腰神経由来である。

従って、この方の場合、L3/4の椎間板ヘルニアが影響しているかもしれない。

整形外科における診断を参考にしながら、外側大腿皮神経の可能性も捨てずに診ることにした。

また、仙腸関節や仙結節靭帯からの関連痛も坐骨神経痛と似たような症状を引き起こすので、これらも併せて診た。

  1. 仙腸関節障害
  2. 仙結節靭帯症候群
  3. 外側大腿皮神経障害

治療後は痛みゼロであった。

とりあえず、予後経過を見てもらうことにして、治療は終了となった。

 

 

坐骨神経痛
最新情報をチェックしよう!