やっかいな肩の痛み【五十肩】

最近増えている症状は以下の2つ。

  1. 肩の痛み
  2. ぎっくり腰

ちなみに、今日は両方とも診た。

 

肩の痛みは特に五十肩である。

関連記事

肩関節は関節包という膜によって覆われています。五十肩ではこの膜に異常が起こっています。しかし、なぜこのような拘縮が起こるのかについてはわかっていません。 五十肩の正式名称は「癒着性関節包炎」と言います。この名前からも推測できますが、五[…]

IMG

そして、最近はとてもやっかいな五十肩のケースが増えている。

つまり、治療になかなか反応してくれないケース。

五十肩の場合、肩関節を包んでいる膜に問題があるので、治療はその部位が中心となる。

難しくないケースだと、これだけでかなり症状が回復する(もちろん、ホームエクササイズも必須)。

しかし、先述したようにそれだけでは全く反応してくれないケースが増えている。

効果が感じられない治療法を続けても、結果は得られない。

だから、試行錯誤しなければならない。

今までのカイロプラクターとしての進化は、このような局面を試行錯誤してきたことで得られてきた。

ただ、別の治療法はなかなか思いつくものではない。

なぜなら、長い時間をかけて固定観念が出来上がってしまっているからだ。

これを崩すのは容易ではない。

そもそも、固定観念がある状態では新たな視点で物事を見る発想がない。

 

先日、ある治療家の方と五十肩のことについて話していた。

その方も経験年数がかなり長い。

いろいろ話していると、所々で治療のヒントを得ることができた。

今はそれを検証中である。

やはり、新たな知見は他人から入手するのが手っ取り早い。

最新情報をチェックしよう!