カイロプラクティックとメカニック

今日は肩から腕に痛みを訴える方が初診で来られました。

電話ではゴルフのフォロースルーで肩の痛みを強いとのことでしたので、肩関節の運動障害かと思っていたのですが、検査をしてみると首が原因のようでした(頸椎の神経)。

上を向くと、左肩後面から上肢後面にかけて深部痛が現れます。

肩の挙上でも同じところに若干痛みが現れます。

明らかに神経性の痛みです。

頸椎の神経ならC7当たり、他の可能性としては橈骨神経です。

ただし、ここまでの見立てではC7の可能性が非常に高いと考えていました。

関連記事

頚椎ヘルニアでは椎間板の突出が起こっています。それと同時に頚椎(首の骨)のズレ(サブラクセーション)が生じています。サブラクセーションにより椎間板へかかる圧が不均一になり、圧迫が強くかかっている部分を外へ押し出している(ヘルニア)わけです。[…]

首の痛み

治療後は0/10。

神経性の痛みの場合、1回の治療ですっきり取れないことが多いのですが、今回はうまくいきました。

あとはこの状態がどれくらい持つかですね。

ところで、この方、車のメカニックをされています。

カイロプラクティックとメカニックというのは、仕事のやり方が非常に近い。兄弟みたいなものです。

ともに、状態から原因構造を見つけ出し、それを修正していきます。

帰り際にそんな話で少し盛り上がりました(笑)。

 

カイロプラクティック
最新情報をチェックしよう!