危険な施術にご用心!?

おはようございます!今朝は背中。バーベルではなくダンベルでローイングをやりました。広背筋がグングンストレッチされる感覚は最高ですね。今晩辺りから筋肉痛でしょう。

 

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51273

 

この記事は一人の整形外科医のインタビューを元に書かれています。記事の内容はエビデンスのない主観的見解に過ぎません。従って、現状を正しく反映しているわけではありません。

 

例えば、こんなくだりがあります。

 

「整骨院では骨格の歪みを外圧によって矯正する治療が行われることがありますが、医学的にそんなことは治療になりえないのは明らかです」

 

整骨院云々の部分はさておき、この方、何を根拠に「そんなことは治療になりえないのは明らか」と言い切っているのでしょうか?

 

また、「なぜ、その痛みがあるのかという原因を探ろうとしないのです。」と言ってますが、これは整形外科(西洋医学)でも全く同様です(投薬や湿布、電気治療など)。

 

このように、かなり突っ込みどころ満載の記事となっていますが、全てが間違っているということではありません。

 

この整形外科医が言うところの「スラスト術」というのは、カイロプラクティックの手技のことだと思いますが(我々はアジャスメントと呼んでいる)、この治療技術は外科医のメスと同様です。つまり、人を治すこともできれば傷つけることもできる。

 

もちろん、技量には個人差もあるため、本場アメリカのカイロプラクターでさえ、稀に医療事故を起こします(実際はカイロプラクティック教育を受けたカイロプラクターによる医療事故は少なく、その多くはカイロプラクター以外の医療従事者によるものと言われていますが・・・)。

 

日本人の多くは、柔整師がカイロプラクティックのアジャスメントを履修していると勘違いしているようですが、彼らは学校でそのような手技は全く学んでいません。

 

つまり、にわか仕込みの場合が非常に多い。もちろん、柔整師の人もカイロプラクティックの学校へ通い技術を学んでいる人もいますが、現状はごく少数に限られています。

 

アメリカでもフルタイムで3年間びっしり学び、その後、多くの臨床経験を経て少しずつ技術を修得していくものなのですが、それを治療院でちょこちょこっと教えてもらい(この場合、教える側にそもそも問題あり)、見よう見まねで患者さんの首を掴んで捻っているのですから、これで事故が起こらない方が不思議なくらいです。

 

余談ですが、たまに患者さんから「具合が悪くなった時、誰に治してもらうのですか?」と質問されます。しかし、逆に「ぼくが近所の接骨院へ行くと思いますか?」と聞き返します(笑)。怖さを知っているので、そんな身体を張ったギャンブルのようなことは絶対にしません。

 

また、日本の場合は「身内にもやばい」人が多いこと(笑)。つまり、カイロプラクターと自身を呼んでいる人たちのレベルにも問題があります(笑いごとではありませんね)。

 

日本にも多くのカイロプラクティック学校がありますが、教育レベルはピンキリです。それこそ、既出の整骨院同様、にわか仕込みのカイロプラクターも非常に多いのが現状です。

 

しかし、アメリカレベルのものを求めると、殆どのカイロプラクターはカイロプラクターではなくなってしまいます。

 

ぼくは、最低でも2年間のカイロプラクティック教育を受けているのが基準になると思っています。これが最低ラインです。日本の現状を鑑みた場合、これが妥当なラインではないでしょうか(もちろん、今後基準を引き上げていく必要はあります)。

 

もし、今カイロプラクティックを受診したいと迷っておられるのであれば、この辺りを基準に考えたらよいと思います。しかし、一番確かなのは、ぼくのところに問い合わせいただくことです(笑)。ご近所にお勧めできるカイロプラクティック院があれば、ご紹介させていただきます。

 

 

『このブログのランキング』を上げたいという人は一日一回クリックすべし!(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

4月6日(木) 第6回AKTセミナー@札幌(足関節、腰椎、側弯症)


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

最新情報をチェックしよう!