まだまだ伸びしろあり

おはようございます!今朝の名古屋は曇天。今年の梅雨は最近には珍しく梅雨らしくなっています。気温はそれほどでもないけど、湿気がすごいです。

 

 

昨日来られた新患の方のケースについて。久しぶりにまったく太刀打ちできませんでした。何をやっても症状の改善がない。こんなのは久しぶりです。

 

肘の痛みが主訴でした。肘痛ですと、テニス肘やゴルフ肘などがありますが、この方の場合は明らかにそれとは違う。

 

痛みの場所からは上腕二頭筋腱かとも思いましたが、触診してみるとそれも違う。しかし、肘の動きに伴う痛み(動作痛)は出るという具合。

 

触診で痛みを誘発させることもできますが、筋肉でも腱でもない感触です。ただ、深い構造の何かであることは確か。

 

今のところの個人的見解は、骨間膜に近い何かが痛みの原因構造のような気がしています。ただ、それも確証がない。

 

また、橈骨頭の不安定性もあり、こちらも主訴に関係しているという印象。

 

いろいろ手を尽くしましたが、治療前後でほぼ症状が変わらないというケースは久しぶりでした。難易度が高いのかもしれませんが、それは言い訳にしか過ぎません。

 

ただ、現段階で一つだけはっきりしていることがあります。

 

それは、「治療が的外れ」であるということ。初診時であっても、治療前後に主訴に全く変化がないということはそういうことです。

 

つまり、原因構造に行き着いていないということ。実力不足です。

 

しかし、カイロプラクターとしての伸びしろがあることを確認できて嬉しかったです。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ

最新情報をチェックしよう!