成都で食べたクンパオエビが絶品

おはようございます!今朝も向かいの小学校から子供らの元気な「おはようございます!」が聞こえています。

 

さて、年末年始に訪れた成都のグルメ情報ですが、一番感動したのがこちらのお店で食べたクンパオエビ。

お店の名前は何と読むのかわかりませんが、成都の中心街(地下鉄2号線の春熙路駅)から徒歩数分のところにあります。

ぼくが行ったのはお昼。既に長蛇の列となっていました。何と1時間待ち。今までの人生において、食事で1時間待ったことなどなかったのですが、今回は待つことにしました。

と言っても、周辺をブラブラ散策していたらあっという間に1時間経ってしまったのですが・・・

そして、オーダーしたのは3品。ウエイトレスの方曰く、混んでいるので20分くらいかかるとのことでした。

最初にやってきたのはこちら。

鶏肉をラー油ベースのたれに付け込んだものです。これ、前菜のようなものなので、すぐに出てきました。

日本の中華レストランでも良く食べていたので知っている味です。ご飯と相性が良いです。

そして、メインディッシュはこちらの二品。

向かって左側がクンパオエビ。

右側は干した豚肉とネギの炒め物。

両方とも美味しかったのですが、特にクンパオエビは絶品でした。

今まで食べたクンパオエビの中で間違いなくベストです。

これだけを食べに、もう一度成都に来てもいいくらい。

ちなみに、これら三品で3000円弱でした。成都の物価からすると、とても高いですが、それなりの価値はあります。日本で同じクォリティのものを食べようと思ったら倍ぐらいかかるかもしれません。

 

最新情報をチェックしよう!