脊柱管狭窄症 (Spinal canal stenosis)

脊柱管狭窄症は文字通り脊柱管が狭窄してしまう疾患です。脊柱管には脳から出た脊髄が走行しています。


脊柱管

その原因はさまざまです。具体的には以下のようなものがあります。

脊柱管には脊髄があり、その横には椎間孔という脊髄神経が通る穴があります。脊柱管狭窄症では脊髄や脊髄神経が刺激を受け、神経性症状(手足のしびれなど)を引き起こします。

脊柱管

治療法は症状の程度に応じて変わります。カイロプラクティック的には、アジャスメントにより関節の問題を改善させ、さらに筋肉と神経に生じている異常を改善させます。また姿勢の改善も重要なポイントになります。