思考パターン

ポジティブなのか、それともネガティブなのか・・・

おはようございます!今朝の名古屋は暖かいです。久しぶりに手袋なしでも大丈夫でした。春の気配が少しずつ感じられます。

 

 

例えば、「まだ痛みが10%ある」と考える人と、「もう10%しかない」と考える人がいます(治療前を100%とした場合)。

 

改善率が高いのは、圧倒的に後者の患者さんです。しかし、意外と前者の患者さんは多いです。

 

これが50%だとどうでしょうか?「半分しか良くなっていない」と思うか、それとも「半分も良くなった!」と思うかですね。

 

 

物事には必ず二面性があります。従って、捉え方には二通りあるわけです。ポジティブかそれともネガティブか、ということです。

 

どうせなら、ポジティブの方を選びたいものですね。

 

しかし、選択しているのは、本人の意志です。だから、誰にもコントロールできません。

 

これは、思考パターンです。

 

例えば、スクワットをしてもらった時、正しい運動パターンを知っていなければ、大概間違った動作で行ってしまいます。しかし、間違いを指摘して、本人が意識して動作を行えば、正しい運動パターンでスクワットを行うことができるようになります。

 

正しい運動パターンであれば、怪我のリスクも低いわけですし、より健康になることができます。しかし、ひとたび、悪い運動パターンで行えば、膝や腰を痛めたりしてしまいます。

 

思考パターンを同じです。「正しい思考パターン」であれば、心は健康な状態を保てます。しかし、「悪い思考パターン」を続けていればいったいどうなるでしょうか・・・身体と同じでいつかは壊れます。

 

厄介なのは、思考は見えないことです。だから、なかなか修正できません。しかし、自分の思考パターンをよく注視していれば、わかってきます。

 

とりあえずは、思考が生じたとき、それがポジティブなものなのか、それともネガティブなものなのかを見極めてみることです。

 

そして、それがもし後者であったなら、その場で修正してしまうのです。これはある程度強引にやってしまうのが良いでしょう。空元気でもOKです(自己催眠みたいなものかな)。スクワット動作を修正するのと同じです。

 

運動パターンと同じで「ついつい」ということがあると思いますが、そんなことは気にせず、毎回修正をします。すると、意識しなくても正しい思考パターンになっているものです。

 

正しい思考パターンで心身共に健康に!

 

【開催予定のセミナー】

2016年3月27日(日)関節運動学的セミナー@大阪 (肘関節) 

2016年3月10日(木) AKT(関節運動学的)セミナー@札幌 (股関節)


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006
ブログ:スポーツドクターSのざっくばらん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です