妄想

怒りと妄想

フランスでのテロのニュースを知り驚いています。

声明によると、「フランスがシリアに軍事介入したから」だそうです。日本も他人事ではありません。しかし、テロはどんなに予防策を張っても未然に防ぐことが難しい。

 

「やられたらやり返す」ということなのでしょう。それにしても、人類は相変わらずの低能ぶりです。

この心理の根底にあるのは怒りです。怒りは動物でも持っていますが、人間の厄介なところは、これに「妄想」が加わっているところです。これが、人間が動物以上に危険なことの所以です。

怒りと妄想はセットであることが多いです。互いに相乗的に働きます。つまり、怒りが大きくなれば、その分妄想も強化されていきます。逆に怒りがおさまってくると、心も落ち着き妄想も収束してきます。

妄想は連鎖反応により(どこかで止めない限り)、どんどん肥大化していきます。その究極が今回のような事件になります。本当に怖いです。

しかし、多かれ少なかれ、みな同じことをしています。一人一人が自分の心の状態に気づきを保つ努力をすること。これ以外、世界平和の方法はないのでは?

人類はどんどん悪い方向へ進んでいるような気がしてなりません。

Pray for Paris.

 

開催予定のセミナー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です