ミャンマー孤児院

ヤンゴン郊外の孤児たちの生活

ヤンゴン郊外にある孤児院の動画をアップしました。どうぞご覧になってください。

 

こちらの動画では、子供たちが遊んでいる様子と晩御飯の様子を見ることができます。

パゴダの壁を塗っている沙弥たちは、みなこちらの孤児院に来た時に出家しました。

男の子は原則出家になります。

彼らの孤児院での生活も大変ですが、何よりここを出た後の方が大変です。

つまり、自活することです。

ミャンマーの方によると、高校を卒業しても就職はなかなか難しいとのこと。

やはり、何かスキルを身につけることが自活を容易にすることになります。

例えば、英語や日本語などの外国語を話せるとか・・・

屋根付きの寝床があること、ご飯が食べられること、服があること、そしてそれらと同じくらい大切なのが教育です。

教育支援というのも、彼らをサポートするための方法の一つです。

 

 


開催予定のセミナー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です