戦わずして勝つ

今朝は7時から先ほどまで若干忙しかったので、記事のアップがこんな時間になりました。

 

先日のニャーナラトー師の法話会において、面白いお話がありましたのでご紹介します。

 

ロックフェラーという名前は誰もが一度は耳にしたことがあると思います。アメリカの富豪ですね。石油王、大財閥、大富豪です。総資産は200兆円とも言われています(今はもっと多いかもしれない)。

 

ロックフェラーに「もうお金は十分持っていると思いますが、いかがでしょうか?」と聞いたところ、「あと、もう少し欲しいんだ」と答えたとか・・。

 

人間の欲望が無限であることを示している良い例です。どんなにたくさんのお金を持っていても、決して満たされることはないということです。

 

欲望を満たすためにお金をたくさん稼ぐというのは、喉の渇きを癒すために塩水を飲むようなものなのでしょう。渇望は癒されるどころかさらに増幅していきます。

 

それでは、この悪循環を断ち切るにはどうしたらようでしょうか。ニャーナラトー師はこれとは別件で外側と内側の環境整備の必要性についてお話されていました。

 

外側の環境整備というのは、行動規範のこと。つまり、塩水を飲むことを止めるということですね。まずはここから。

 

そして、内側は自己と向き合い、観察することで整っていきます。これが唯一の根本療法と言えるでしょう。

 

「戦わずして勝つ」と言ったりしますが、欲と戦っている間はなかなか思い通りになりません。禁欲によって一時的に抑え込むことはできますが、反動が生じるのが常です。

 

欲を敵視することなく、うまいことなだめながら調和していくことが大切ですね。

 

『このブログのランキング』を上げたいという人は一日一回クリックすべし!(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

4月6日(木) 第6回AKTセミナー@札幌(足関節、腰椎、側弯症)


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です