結局は「目の前の患者さんに全神経を集中させること」

おはようございます!今朝の名古屋は一段と冷え込んでいます。今日もさわやかな冬晴れのようです。

 

先日、ある医師の方と食事をしました。ご自身でクリニックを経営されています。この時期は風邪の患者さんがたくさん来られるそうで、一日に200~300人程度お一人で診られています。

 

それにしても、200人というのは想像を絶する数です(診療形態は異なりますが)。一人3分としても600分(10時間!)です。

 

そのお医者さんが「午後にあと100人診なければならない」と思うと気分的に非常にしんどくなると仰っていました。確かに、あと100人と考えてしまうときついと思います。

 

すると、「インドで瞑想している時はしんどくなかったですか?」と聞かれました(インドで一日12,3時間程度の瞑想を3か月ほどやっていたことがあります)。

 

確かに、「あと5時間」とか「あと1か月」とか考えていたら、しんどくなっていたのかもしれません。

 

しかし、当時のぼくは、そのような考えがちらちらと横切ることはありましたが、決してそちらに心がぶれないように意識的にコントロールしていました。それだけで、しんどさはほとんど感じませんでした。

 

このことは、日々の生活でも大いに役立っています。

 

ポイントは、やはり「今ここ」に心をとどめておくことです。その一点に心を張り付かせておくこと。

 

これは、心の性質上、自然にできるというものではありません。意識しなければ、心を今にとどまらせることはできません。

 

つまり、ありきたりの表現になりますが、「目の前の患者さんに全神経を集中させること」ですね。これこそが、唯一のWin – Winシチュエーションを導き出す方法だと思います。

 

 

開催予定のセミナー

関節運動学的セミナー@大阪

プラユキ師の法話会


今ここ
最新情報をチェックしよう!