対話と調和

「対話」と「調和」

おはようございます!

昨日は久しぶりの札幌でのセミナーでした。

現段階でぼくが持っているもの、実践しているものは全てお伝えすることができました。あとは各人が咀嚼・吸収していただくだけです。

セミナー後は懇親会でした。懇親会の良いところは、講師~受講生という立場を取り払った状態で話ができるところです。セミナーのフィードバックを聞けたりするのも良いですね。

懇親会では、安保法案について少しだけ話題になりました。これ実は、考え方という意味では、治療法に対する哲学とオーバーラップします。

 

基本的に、「武力を武力で制す」という考え方には反対です。なんの解決策にもならないからです。対症療法と同じです。

テロリストがいるからテロが起こる。だから、テロリストを全て殺してしまえばいいというのは、極めて西洋的な発想です。何の解決にも結び付いていません。

「がん(悪性腫瘍)があるなら、それを除去すればよい」というのと同じです。悪者を攻撃してやっつけてしまえという発想です。

しかし、我々カイロプラクターは違います。身体との「対話」と「調和」を重視します。つまり、健康を害した状態は、身体の中で起こっている様々な不調和に起因するものだという考え方です。

つまり、カイロプラクターがやっていることは、様々なツールを利用してこの不調和を調整しているだけに過ぎません。あとは、身体にお任せということです。

キーワードは「対話」と「調和」です。

テロリズムに対する、対症療法としての「防御」は必要です。しかし、攻撃はいけません。どんなに悪者でも、命を奪ってはいけません。

「対話」と「調和」・・・ぼくは、これこそが根本療法だと思っています。

 

開催予定のセミナー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です