怒り

7秒のタイムラグ

おはようございます!名古屋は冷たい雨です。小降りの内に自宅を出てきました。午後には止むそうですが。

 

先ほど、ウィンドウズのアップデートをしたら思いのほか時間がかかり、その間に本を一冊読了してしまいました(笑)。

 

・・・と書くと、読むのが早いように聞こえますが、決してそんなことはありません。薄くて読みやすい本だったからです。

 

こちらの本です。

 

自分では気づかない、ココロの盲点

 

数日前に見つけて面白そうだったので買ってみました。読んだ感想は・・・面白かったですよ。

 

「思い込み」というのがありますが、この思い込みを少しでも解消できたらいいな、と常々思っています。

 

そのためには、思い込みのメカニズムを知る必要があります。そして、思い込みを作り出しているのが、我々の脳みそです。

 

この本には、脳みそのクセについて実例を挙げて解説してあります。具体的なので非常にわかりやすかったです(先日、記事にしたプロスペクト理論についても載っていました)。

 

この本の中でぼくが特に興味を引いたのが、「汝自身を知れ」の項目です。ここでは、ボタンのついたレバーを持ってもらい、好きな時にそのボタンを押してもらうという設定になっています。

 

そこで、以下のどちらが正解でしょうか・・・という質問があります。

 

1.「押したい」と思ってから、脳が押す準備を進める

2.脳が押す準備を開始してから、「押したい」と感じる

 

どちらだと思いますか?

 

 

 

正解は2番です。

 

脳みそが大元であるということを考えれば必然的に2番になるのですが、感覚的には1番と感じる人も多いかもしれません。

 

例えば歩いている時、ほとんどの場合、無意識に歩いていると思います。しかし、そこには必ず何らかの意思が働いています(「歩きたい」など)。つまり、無意識と書きましたが、100%意識が作用しています。

 

この本では、「押したい」と感じる7秒前には脳での処理が開始されていると書かれています。なんと、7秒も前です!

 

つまり、我々の感情が表層化するまでに脳との間に7秒のタイムラグがあるわけです。表層化と書きましたが、自覚化と書いた方が的確かもしれません。つまり、自分の感情に気づくまでに7秒かかっているわけです。

 

これは他の感情も同じです。例えば、怒り。何か頭にくることがあっても実際に怒りの感情に気づくまでに7秒かかるということです。

 

おそらく、この7秒のタイムラグは、脳で怒りが発生してから増幅され、それが自覚されるまでの時間なのではないでしょうか。

 

怒り

 

そして、どのレベルの怒りで自覚されるかは個人差があるのでしょう。従って、10秒の人もいるでしょうし、3秒の人もいるのでしょう。

怒りが小さいうちに気づくことができたら、コントロールも容易なはずです。しかし、火事と同じで大きくなって気づいても、それを鎮静化させるのもなかなか難しくなってしまう。

 

どの段階で気づけるかが鍵ですね。

 

【開催予定のセミナー】

2016年1月24日(日)関節運動学的セミナー@大阪

2016年3月10日(木) AKT(関節運動学的)セミナー@札幌


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です