自己責任

おはようございます!早くも金曜日。今週末は大阪でセミナーなので、空き時間を利用して準備中です。やろうと思っていてやれていないのが動画作成(徒手療法家のための教育動画です)。月極の疾患解説資料をなるべく早急に仕上げて取り掛かる予定です。いつまでも先延ばしにはしたくないからね。

 

 

先週来られた新患の方の主訴は上背部の張り感。一般的に言われる「肩こり」のちょっと酷いケースでした。

 

仕事はIT関連。連日PCでの長時間作業が症状を悪化させているようでした。よくあるケースです。仕事中の姿勢、運動不足など生活習慣が症状に大きく影響を及ぼしています。

 

それはさておき。

 

お話を聞いていると、仕事にストレスを抱えているということでした。心身共に疲弊していると・・・

 

「起業してみては?」とご提案したところ、「起業も考えているんですが、収入の不安があってどうしても踏み切れない」とのこと。

 

もちろん、その不安は理解できる。しかし、ストレスを抱えながら今の状況に甘んじるというのは、客観的に見ても「楽しくない人生」である。敢えて苦行を選んでいるというのなら話は別だが・・・。

 

そもそも、その方が感じている不安は、「起業すると収入や生活が不安定になる」というアイデアに反応して現れた感情である。

 

このアイデアには2点問題がある。

 

一つ目は『まだ現実化していない』ということ。

 

二つ目は『起業すること=生活が不安定になること』という判断を入れていることだ。

 

大抵の人はこの思考パターンにやられてしまう。

 

つまり、アクションを起こせなくなってしまうのである。

 

逆に毎日ワクワクと楽しく生きている人は、この思考パターンに気づいている場合が多い。

 

だから、自分の人生を能動的に選択していくことができる。

 

つまり、現在の自分の置かれている境遇は自ら選択してきた結果である。

 

全て自己責任ということ。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です