相互依存

おはようございます!今朝は胸のトレーニング。二種目目のダンベルフライでは潰れた後にプレスを入れました。プレスはフライに比べて効いている感じが少なかったのですが、今朝はそのコツをつかんだ感じがしました。まだまだ進化しています。

 

 

最近読んでいる本になかなか良いことが書いてあった。

 

『相互依存』の話である。

 

依存というとネガティブに捉えられがちだが、相互依存は全く異なる概念。

 

お互いが依存しあうことで、より大きな成果を生み出すことができるからだ。

 

つまり相互依存状態では、1+1が2ではなく10や100の結果として帰ってくる。

 

個人的な考えだが、相互依存する相手は領域が被らないことでより効果を発揮するだろう。

 

つまり、互いの弱点を補完し合うことで、強みがより活かされるということ。

 

そして、相互依存では私的な利潤ではなく、公的な利潤を求めるようになるというのもポイントである。

 

しかし、相互依存する者同士には一つの決定的な条件がある。

 

それは、互いが自立しているということ。

 

自立した人間は、より客観的に物事をみることができる。

 

自立していない者同士が一緒に何かをやっても、単なる依存関係に過ぎないからだ(もしくは途中で仲違いしてしまう)。

 

皆さんの周りには相互依存できる相手がいますか?

 

もし、いないのであれば、まずは自分が自立するところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です