環境遺伝

今朝は大腿四頭筋のトレーニングでした。いつものルーティンです。スクワット+シッシースクワットのスーパーセット×4セットだけ。スクワットはいつもよりやや重めですが、昔に比べたらアップにもならない重量です。今日は特にボトムで大腿直筋に入る感覚がわかりやすかったので、この辺を楽しみました。

 

トレーニングは毎朝オフィスでやっています。セット間は単なる休憩にしないで、歩行瞑想をしています。上がった息を整えながらゆっくりとオフィスの中を一往復すると、次のセットへの準備がちょうど整っています。セット間の歩行瞑想。お勧めですが、普通にジムでやったら「変な奴」と思われるので、その辺は覚悟してやってください(笑)。

 

当院には小中学生の患者さんもたくさんいます。ご両親のどちらかと来る場合が多いですね。そうすると、否が応でも、親子の関係性が見えます。そこでよく感じるのが、親の言動が子供に及ぼす影響です。良くも悪くも、子供は非常に強く親の言動の影響を受けているのがわかります。

 

親の思考パターンが子供にそのままコピーされているとも言えます。環境遺伝というやつです。そして、一旦脳みそに焼き付いた思考パターンはそう簡単に修正することができません。「三つ子の魂百まで」と言ったりしますが、まさにその通りだと思います。

 

ですから、子供を見ればその親の思考パターンがおおよそ見当がつきます(子供は建前がないですからね)。固定観念の強い親の子供はやはり同様の傾向を持っているように感じます。

 

患者さんの中に臨床心理士の方がいらっしゃるのですが、学校で起こる様々な問題の根っこは、家庭環境によるところが大きいと仰っていました。また、これまた患者さんのご住職も、ほぼ同様のお話をされていました。

 

親の責任は重大ですね(ぼくは子供を持っていないので、そのような責任はありませんが(笑))。

 

追伸;今朝一番の患者さんは10歳の女の子でした。この子は3歳の頃からの患者さんです。その頃から明るく快活で大変素直な子供です。実は親子三代全て患者さんなのですが、この子を見るとご家族の健全な様子が手に取るようにわかり、こちらまで幸せな気分になります。

 

『日本のカイロプラクティックのレベル』と『このブログのランキング』を上げたいという人は

一日一回クリックすべし!(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です