死を覚悟して生きる

おはようございます!今朝の名古屋は涼しい。気持ちの良い朝です。そして、横にある窓から外を眺めると陽が出てきました。久しぶりの太陽光のような気がする。

 

 

先日、久しぶりにあるカイロプラクターの方とお会いしました。そこで、共通の知り合い(この方もカイロプラクター)が、昨年亡くなったことを知りました。ぼくと同じくらいの年齢のカイロプラクターです。

 

もうかれこれ10年以上会っていなかったのですが、ぼくにとっては印象的な方だったのでよく覚えています。とても温厚な性格で仏さんのような印象。

 

「心の状態は顔に良く現れる」と言いますが、その方の表情はとても柔らかかったです。ご冥福をお祈りいたします。

 

2年前も知り合いのカイロプラクターが亡くなっています。彼の場合、亡くなる2か月前に食事をしていたので、訃報を聞いたときはとても驚きました。

 

少しずつですが「死のお知らせ」が増えてきました。そして、いつか自分の番がやってきます。

 

「明日死がやってくるとしたら悔いはないのか」と問われれば、「まだまだ未練はたくさんあります」というのが正直なところ。全力で生きていない証拠なのでしょう。

 

「死ぬ気で」やれば、何も怖いものはなくなります。将来への不安も、過去への憂いもすべて吹き飛びます。

 

そして、死を覚悟して生きるなら、必然的に「自分が楽しいと感じること」、「自分が心の底からやりたいと思うこと」しかやらないでしょう。

 

今日もカイロプラクティックライフをエンジョイします。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ

 

最新情報をチェックしよう!