検証作業

本日は月一の瞑想会。

 

よって、午前中はお電話に出ることができません。

 

何卒ご了承くださいませ。

 

身体に生じた感覚、心に生じた感情を観察するとき注意していることがある。

 

それは、『言葉にしないこと』。

 

言葉にすることをラベリングと言い、ミャンマーの修行僧が好んで行っている。

 

しかし、これをやって酷い目に会ったことがあり、それ以来言葉にすることは止めた。

 

基本的な方法論はあるが、それが自分に合っているかどうかは別問題である。

 

だから、たとえ信頼できる人のやり方だとしても、それを決して鵜呑みにしてはならない。

 

そこには必ず検証作業が伴っていなければならない。

 

これは、あらゆる物事に共通である。

 

カイロプラクティックも同じ。

 

ぼくがセミナーでお伝えしていることは、あくまでもぼく自身の実体験と幾度にも渡る検証作業を経てその効果を実感しているものばかりである。

 

だからと言って、それが万人にとって同じように効果が実感できるものとは限らない。

 

だから、検証作業は非常に重要なプロセスだ。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所

名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階 (名古屋駅より徒歩5分)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です