自由な心

楽しい人生を送るための秘訣

おはようございます!本日は午前中のみの診療となります。何卒ご容赦ください。

 

 

おそらく、殆どの人は自分の感覚、例えば肉体的感覚、さらに感情などに無頓着だと思う。しかし、これは非常に危険である。

 

例えるならば、目隠しをして車を運転するようなもの。ほぼ、100%に近い確率で事故を起こすだろう。

 

人生をコントロールするためには、生成消滅している感覚を監視しておく必要がある。監視しておけば、道を外れた時に修正しようとする意識が働く。そして、それは修正される。

 

先日、「楽しいとか、ワクワクする感覚を大切にして、そのようなことを選んで実行していくようにすればよい」という趣旨のことをお話したら、ある方が「楽しいと感じられない人はどうしたらいいのでしょうか?」という質問をされた。

 

普段、自分が感じていることに無頓着だと、このように「自分が何を感じているのかわからない」という悲劇的な状況に陥ってしまう。目隠しされたドライバーによる制御不能の暴走車である。そばに寄ったら危険だ(笑)。

 

別の表現をすれば、そのような人は自らの選択権を放棄している。つまり、『何者かに操られている状態』である。

 

この『何者か』というのは心のこと。

 

心にはポジティブもネガティブも包含されているが、放し飼いの心は大概ネガティブによって支配されてしまう。ネガティブというのは、例えば「怒り」「悲しみ」「嫉妬」「後悔」「怠慢」などのことである。

 

だから、『楽しいと感じられない人』の心は、これらのネガティブな要素に支配されていると思われる。

 

結論を書くと、『常日頃から自分の感覚を大切にし、丁寧に観察することを怠らないこと』が楽しい人生を送るための最大の秘訣である。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です