後悔先に立たず

おはようございます!最近の睡眠時間は6時間程度。以前よりも30分から1時間程度睡眠時間が短いですが、昼間も睡魔に襲われることなく集中力が持続できています。睡眠の質が上がっているのかもしれません。

 

 

人が死ぬ前に後悔することは、「やったことよりもやらなかったこと」に関することです(http://bit.ly/2zibOpL)。興味のある方は、「死ぬ前、後悔」でグーグルに聞いてみてください。

 

やらなかったことに関する後悔には、こんなことがあるのかもしれません。

 

  • もっと旅行に行ってればよかった
  • 自分の身体をもっと労わっておけばよかった(もっと健康に気を遣っていればよかった)
  • 家族や友人との時間をもっと取っていればよかった

 

・・・などなど。

 

こんなのもあります。

 

「やりたいことに挑戦しておけばよかった」

 

なぜ、やりたいことに挑戦できなかったでしょうか。その根っこにあるのは、『不安』とか『恐怖』といった心だと思います。

 

それでは、何に対する不安や恐怖でしょうか?それは、失うことに対する不安や恐怖ではないでしょうか。

 

何かに挑戦する際に手放さなければならないことに対する不安や恐怖、また挑戦してもうまくいかなかった時の不安や恐怖かもしれません。

 

しかし、冷静に考えてみれば、それらの不安や恐怖は起こっていないことに対するものです。つまり、挑戦する前には存在していません。

 

存在していないことに対して、それがあたかも現実であるかのように錯覚し、不安や恐怖で反応しているだけです。

 

たとえるならば、「お化けが怖い」と同じです。お化けが実存するかどうかはさておき、もし周りにそういう人がいたら、滑稽に見えませんか?もしかしたら、「この人、気がふれているのではないか?」と感じるかもしれません。

 

しかし、それは、不安や恐怖のためにやりたいことに挑戦しない人も全く同じことです。

 

現実と妄想をしっかりと区別できていれば、不安も恐怖も感じないはずです。

 

死ぬ前に後悔しないように日々生活したいものですね。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です