面白い現象

おはようございます!今朝は東別院前を通ってきたのですが、最近の雨風にも負けず桜の花がほぼ満開で残っていました。もう少し楽しめるのかな。

 

 

自分の心の状態を客観視できている時というのは、ネガティブもポジティブもなく、ただただ現実世界が横たわっているだけになります。そこには感情の入る余地はなく、善悪の判断もありません。

 

例えば、心の中に「怒り」が生じた時、その怒りに気づき、完璧に客観視できれば、瞬時に怒りという感情は消失します。

 

しかし、そうは問屋が卸さない(笑)。怒りが湧き上がったとして、それを客観視しようと努力してもなかなか怒りは消えていきません。「怒りを消そう」と頑張れば尚更難しくなります。(怒りが消失するのは、あくまでも客観視できたことによって生じる結果に過ぎないからね)。

 

従って、客観視というのは、かなりの訓練を要します。もう、こんなことを試行錯誤して17年になりますが、少なくとも僕にとっては、まだまだ修得しきれていないスキルです。

 

 

先日、面白い現象が起こりました。

 

数人で話していた時、ある人物についての話題となりました。その人に対するネガティブな話です(こういうのって、心が刺激されるから盛り上がることが多い(笑))。

 

ぼくは黙って聞いていただけなのですが、その人物に対しては同様にネガティブな印象を持っていました。

 

しかし、隣の人が、その人のネガティビティに対して核心を突くような話をし始めた時、一気に興ざめしてしまいました。

 

隣の人に対して興ざめしたのではなく、その人物に対するネガティブな印象が一気に消失したということです。

 

事実としてその人は存在するけれども、どうでもよい感覚。しかし、無関心ということではなく、どちらかと言えば「受容」のような感じでした。

 

その後、「なんでこのようなことが起こったのだろう」と考えていたのですが、おそらく客観視できたからではないかと思っています。

 

他人のことは比較的客観視しやすい。自分と似たような考えを持った他者、つまり自己の投影としての他者を観察することで、自分自身を間接的に客観視できたのではないかと思いました。

 

これが、自分自身に対してできれば、完璧なんですけどね。なかなか一筋縄ではいきません(笑)。

 

『このブログのランキング』を上げたいという人は一日一回クリックすべし!(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

面白い現象” への2件のフィードバック

  1. Sr.D先生、こんにちは。

    先月末から、会社の仕事でストレスフルな状態が続いていて、昼食の時間に瞬時に切り替える事ができません。
    で、こちらのブログを読んで、まともな人間(ホントか?)に戻ってから食事をする、という毎日です。

    怒りのコントロール、というのとは 若干違うのかも知れませんが、
    カーっときたり、情けない思いをしたり、という感情って、何十年経っても忘れないですね。

    私が特別なのかも知れませんが、
    高校の頃の事とか、古くは小学校の頃の事とかも、その時の感情まで正確によみがえってしまいます。
    それも、結構な頻度でね。

    こういう事って、
    (忘れてしまった方が良いのに)繰り返し繰り返し、リアルな感情を伴って思い出してしまうんです。

    それが無ければ、おそらく時と共に、負の感情も無くなって行くと思うんですが、
    思い出す度に、当時のレベルまで不快な感情が戻ってしまう感じです。

    人間の平均的な脳の状態なのか、私が変なのか・・・。

    思い出しても、何のメリットも無いんですけどねぇ。

    • おはようございます!

      ある偉いお坊さんによりますと、怒りは人間(動物)の本能であり、それを完全に消し去ることは大変難しいとのことです。

      怒りがあるから、我々は身の危険を避けて生きていくことができるとも考えられますからね。

      なので、怒りがあることを受け入れる、怒りがあっても当然だ、というようにまずはマインドセットするのが肝かもしれません。共存共栄のような感じです。

      また、あるお坊さんによりますと、怒りというのは「自分が他者から受け入れられなかったこと」に対する悲しみとも考えられるとのことです。

      いずれにしても、心の訓練次第で徐々に改善していくと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です