実力主義は日本に根付くのか?

今朝のトレーニングは腕。上腕二頭筋→上腕三頭筋という流れ。両方一緒にトレーニングするとパンプ感が増します。上腕三頭筋のトレーニングのお気に入りにダンベルオーバーヘッドプレスがありますが、今朝はこれを久しぶりにやってみました。上腕三頭筋に負荷がかかりながらストレッチされていく時の感覚が最高です。

 

先日、患者さんと「日本では実力主義は馴染むのか?」という話になりました。まず、馴染むか馴染まないか以前に、その波はもう何十年も前から押し寄せてきており、止めることは難しい状況です。従って、将来は今以上に実力主義が浸透していくのだと思います。

 

しかし、実力主義は日本人には馴染まないと個人的に感じています。そもそも、実力主義の前提にはある程度、個人主義である必要があります。個人が尊重される社会だからこそ、実力主義が育っていきます。

 

日本の場合は今も昔も全体主義。自己を否定して全体を尊重することが美徳とされています。そういう社会的背景において、実力主義はなかなか根付かないのではと思っています。ただ、それが悪いこととは思っていません。日本人は日本人の気質に合ったものでやっていけばよいだけの話です。

 

ただ、個人的には実力主義の方を好みます。これは自分に自信があるからということではなく、そちらの方が楽しいし、何より自由で気楽だからです。

 

今、自分が個人事業主であるのも必然のような気がします。サラリーマンをやっている自分の姿はとても想像できません(笑)。

 

昨年、ある方から「カイロプラクティックを早く法制化させなければなりません。もし、カイロプラクティックが日本で禁止になったらどうするんですか?」というご意見をいただきましたが、その時は「カイロプラクティックができる国に移住するだけ」です(笑)。

 

もちろん、日本は便利だし、ご飯も美味しいし、清潔だし、住み心地良いですが、「日本でなければ絶対だめ」という強いこだわりもありません。実力主義ですと、このような自由な発想も可能です。

 

約30年前、自分が大学生の頃、思い描いていた自分の姿が現実になっていることに自分自身若干驚いてはいますが・・・

 

『日本のカイロプラクティックのレベル』と『このブログのランキング』を上げたいという人は

一日一回クリックすべし!(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です