健康とは

おはようございます!今朝は腕。インクラインカールとフレンチプレスのスーパーセットをやり、最後にコンセントレーションカールをやりました。今日は上腕二頭筋がメイン。

 

患者さんの中に「痛みが気にならなくなった」という方がぼちぼちおられます。痛みはまだあるのだけど、そちらに気が向かなくなったということなのでしょう。

 

治療によって肉体的な痛みそのものが軽減することで、痛みが気にならなくなったとも言えます。

 

ただ、気にならなくなったというのは、多分に精神的な要素も含んでいます。

 

心が痛みを受け入れ始めたとも言えます。

 

多くの人は、痛みと闘ってしまいます。すると、痛みは面白がってますますちょっかいを出してきます。

 

ちょうど「いじめっ子といじめられっ子の関係」に似ています。

 

別の表現に言い換えれば、「泥沼でもがけばもがくほどはまり込んでいく」ような感じです。

 

しかし、痛みを受け入れることができた瞬間、『平気』になります。これは経験したことがなければ、わからない感覚です。

 

ぼくは、痛みの根本的解決策はここにあると思っています。

 

『真の健康』とはこういう状態ではないでしょうか。

 

 

 

【お知らせ】

9月7日(木)第7回AKT(関節運動学的テクニック)セミナー@札幌


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です