選択の基準

おはようございます!

 

もう30年以上前の話になりますが、高校の卒業式で来賓の一人が「一浪すると生涯年収がXXX万円減るから、がんばって現役合格するのが得です」というような趣旨の祝辞(?)を述べられていました。

 

高校生ながら「???」と感じましたし、未だに覚えているということは、やはりかなり違和感があったのだと思います。

 

ちなみに、ぼくは大学に入るのに一浪していますので、XXX万円損失したことになります(笑)。

 

なぜ、こんなことを思い出したかと言いますと、下記の記事を読んだからです(正確には1ページ目だけ斜め読みして後は読んでいません)。

 

年収を左右する就職先選びこそ、大学入試よりも重要である

 

物の価値観というのは人それぞれですので、このような考え方ももちろんありです。

 

収入が多い方が、経済的自由度は増すことでしょう。しかし、それはあくまでも物質的自由度。おそらく(いや間違いなく)心理的自由度は減っていく場合が多いと思います。

 

このような発想をしてしまう人は、自分に自信がないか、もしくは不安が人一倍強い人なのでしょう。

 

選択の基準が外側の環境(この場合収入)にあって、内側(自分がやりたいこと)にないというのは、何だか不幸だなあと感じます。

 

 

最近、いろいろな人(主にぼくより若い人たち )と話をしていると、自分のやりたいことが不明瞭であることが多いです。

 

しかも、カイロプラクター(またはカイロプラクターになろうとしている人たち)にそういう人がいたりします。傍から見ると、「ただ何となく」で良く続くものだと逆に感心してしまいます。

 

ぼくだったら、自分がやりたいと感じることをやるけどなあ。

 

もちろん、それが収入につながればベストだけどね(笑)。

 

『このブログのランキング』を上げたいという人は一日一回クリックすべし!(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

選択の基準” への2件のフィードバック

  1. Dr.S先生 こんにちは

    今日のテーマは、コメントしたい欲をそそる項目が盛りだくさん!
    が、・・・
    コメントしている余裕がない~っっっ。

    うん、確実に心理的自由度が蝕まれてるな。 (涙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です