主体的な人

おはようございます!

 

昨日は昼間にオフィスを抜け出してセミナーに行ってきました。いつもなら、セミナーをする側ですが、今回は受講する側。

 

ぼくは腰が重たいので余程のことがないと動かないのですが、今回は強く勧められていたので行くことに決めていました。

 

そして、セミナーですがなかなか興味深い内容でした。一言で言い表せば『人生のマネジメント法』という感じかな。

 

そこで話されていたことは、ほぼ実践していることでしたが、感覚的にやっていたことだったので、今回のセミナーのように具体的な言葉で説明を聞くと『なるほど』と感じることも多かったです。

 

セミナーの内容も良かったのですが、それ以上にぼくが感心したのは、『よくこれだけ明確にまとめられたよなあ』ということ。こういうことができる人ってすごいですね。

 

ところで、このセミナーの中で『主体的』という言葉が出てきました。主体的な人というのは、自分の言動に責任を持つ人ということ。つまり、物事の原因を自分自身の中に見出す人のことです。

 

主体的の反対語として挙げられていたのが『反応的』。反応的な人は、自分の外側に原因を探す傾向があります。

 

もちろん、主体的な人の方が、より心穏やかに生活できます。

 

主体的な人は、『自分に選択権があることを自覚』し、その選択を能動的に行っている人です。

 

これは、自らの意志で自らの感情を選ぶということ。

 

『心の奴隷ではなく、心の主になりなさい』ということですね(出典;ダンマパダ)。

 

【お知らせ】

12月31日(日)から1月7日(日)まで終日お休みです


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です